fineder, LLC.

to derive fine.

CentOSからWindowsのフォルダをマウントする。


CentOSからネットワーク上のWindowsサーバのフォルダをマウントする必要があって、その時のメモ。
CentOSのバージョンは5.2です。

samba-clientのインストール

もともとsmbmountというツールでマウントしてあげると便利だったのだそうですが、yumからなくなっており代わりにsamba-clientを使用することに。
インストールはyumから。

# yum -y install samba-client

フォルダのマウント

以下の書き方でマウントできます。

# mount -t cifs -o user='ユーザー名',password='パスワード' //(サーバー名)/(共有フォルダ名) (マウントするフォルダ)

これでマウント先のフォルダを中身を確認して、接続先の内容になっていればOK。

※ユーザ、パスワードはシングルコーテーションで囲む必要がありました。
※マウントするフォルダは実際にローカルに存在するフォルダである必要があります。
 存在しないと「Couldn’t chdir to *******」というエラーがでます。
※もしマウント先として指定するローカルのフォルダになにかファイルがあった場合、マウント時には見えなくなります。

アンマウント

マウントしたフォルダをアンマウントするには以下のコマンド。

# umount (マウントしたフォルダ)

※参照
http://sememo.blue-robin.jp/?p=485

fine:derの購読はFacebookページが便利です。